病院概要

病院の理念

基本理念

「手には技術 頭には知識 患者さまには愛を」

基本方針

1. 安心・安全な医療

学問的に、技術的に高い水準の安心・安全な医療を提供します。
そのために必要な施設・設備の整備拡充に努めます。

2. リハビリテーション医療

患者さま・家族と医療情報を共有し、入院から在宅まで一貫した、
患者さまのニーズに沿った安心できるチームによるリハビリテーション医療を提供します。

3. 地域医療

地域の医療・福祉施設と密な連携を図り、早期離床、寝たきり防止、在宅復帰を目標に
誰でも安心して利用できる明るい病院を目指します。

当院では、リハビリテーションの役割として、「障害を受けた者を彼のなしうる最大の1.身体的2.精神的3.社会的4.職業的5.経済的な能力を有するまでに回復させることである」を目標に掲げ、各専門職と連携をとり、患者様の早期在宅復帰をサポートしていきます。

病院概要

病院名 一般社団法人 巨樹の会 八千代リハビリテーション病院
所在地 〒276-0015 
千葉県八千代市米本1808番地
診療科目 リハビリテーション科
病床数 240床
施設基準 回復期リハビリテーション病棟入院料1
入院時食事療養(Ⅰ)・入院時生活療養(Ⅰ)
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
患者サポート体制充実加算
入退院支援加算1
データ提出加算1
認知症ケア加算2
二次性骨折予防継続管理料2
医療安全対策加算2
医療安全対策地域連携加算2
16列以上64列未満のマルチスライスCT
施設概要 敷地面積/16,238.39m2
4階/ 377.35m2
3階/2,764.65m2(90床)
2階/2,802.95m2(90床)
1階/4,284.25m2(60床)
延床面積/10,229.2m2(240床)
屋外リハビリテーション訓練広場
病室 個室/54床
2人室/50床
4人室/136床
診療時間 月~土曜日 午前9:00~午後5:00
休診日 日曜日・祝日(入院患者さんの診療は行っております)
面会時間 9:00 ~ 11:00 13:00 ~ 17:00
駐車場

※当院は、敷地内禁煙です。ご協力下さい。

病院沿革

昭和25年
八千代市に鈴木医院開設
昭和34年
八千代市八千代台北に八千代台中央診療所開設
昭和48年
八千代中央病院開設(39床)
昭和52年
増床(50床とする)
昭和56年
医療法人社団友愛会設立
昭和62年
増改築完成 病床83床となる
平成18年
八千代リハビリテーション病院と改名し再開
平成19年
八千代市米本に新築移転
平成23年
社団法人巨樹の会の傘下へ
平成26年
一般社団法人 巨樹の会
平成29年
病床120床となる
平成30年
増改築完成 病床180床となる
平成30年8月
電子カルテ(Newton2)導入
令和2年7月
南棟増築完了 240床に増床
令和2年9月
超音波(エコー)検査機器 導入
令和2年10月
16列マルチスライスCT 導入